完全週休二日制と週休二日制の違いは何ですか?

企業研究で、休日のことを気にする人は多いですね。当然のことですが。

で、企業の募集要項を見ると、休日については色々な書き方がされていて、実態はどうなのかわかりにくいということがあります。

特に、「週休二日制」はわかるけど、「完全週休二日制」とどう違うの?

「完全」がついていないと、週休二日じゃない週もあるってこと?

などの疑問が多いようです。

今日はこの件についてです。

広告
レクタングル(大)広告

「完全」とついていないとつらいかもですよ。

まず、「週休2日制」とは、「1年を通して、月に1回以上2日の休みがある週があり、他の週は1日以上の休みがあること。」なんです。

つまり、1ヶ月のうち、週に2日休めるのは1回だけということもあり得るということです。

「え~それはちょっつらいなあ」

と思った人は、「完全週休二日制」と書いてある企業を選びましょう。

「完全」がついているならば、どの週でも必ず2日は休めるということになります。

ただし、土日とは限りませんよ。

業種や職種によっては、土日は仕事で、どこか別の平日が休みだったり、休みの曜日がシフトで色々変わるということもあり得ます。

特に、一般のお客さんを対象とした販売や接客の仕事では、土日に休むことは難しいでしょうね。

このあたりも含め、入社を決める前に自分の希望と合うか、良く確認しておきましょう。

「年間休日数」でもチェックできれば、さらに安心。

また、「年間休日数」が書いてある企業もあります。

これは1年の間に何日休みがあるかということです。

完全週休二日制だとしても、それ以外に夏休みや正月休みがある企業やない企業があります。

夏休みや正月休みなどがどれくらいあるかは、年間休日数を見れば、だいたいわかります。

例えば、2018年は、土日祝日の総日数は117日です。

それに年末年始の休みの3日を加えれば120日。

年によって変動はありますが、だいたい120日前後あれば、「完全週休二日制」+ちょっと追加の休日がありそうだということが判断できます。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする