履歴書のハンコは書く前に押し、写真は書いた後で貼るのが鉄則な理由

Fotolia_96356896_XS

ある朝のカフェにて。

私の斜め前に座っていたスーツ姿の学生さんが、一生懸命に履歴書を書いていました。

そんな季節だよなあと思って見ていたら、彼の履歴書にはまだハンコが押されていませんでした。

じつは、ハンコは書き始める前に押す方が良いのですよ。これ、何故だと思いますか?

理由は、

【広告】
レクタングル(大)広告

最後の捺印で失敗したら全てが水の泡だから

です。

一生懸命書いて、「これでよし!」となったところで最後にハンコを押す。

ハンコって結構、難しいのですよね。

ズリッ!とずれちゃったり、かすれたり、曲がったり。

最後の捺印で失敗したら、せっかく気合入れて書いた履歴書が一巻の終わりです。

これは紙の無駄というより、精神的ダメージの方が大きいですよねえ。

だから、まず白紙の履歴書にハンコを一番最初に押してから、書き始めましょう。

では、写真はどうでしょう? 写真も一番最初に貼っておいた方が良いのでしょうか?

違います。

写真は逆に、一番最後に貼るのが良いです。

理由は、

書き損じたら高価な写真が無駄になるから

です。

最初に写真を貼ってから書き始めて、途中で間違えたら、もうその履歴書は捨てです。

二重線を引いたり修正液で直したりはできませんので、紙を変えて書き直しです。

(本当はだから履歴書の手書きはイヤなのですけどね。でも新卒の場合は仕方ないですね。)

そのとき、写真を最初に貼っていたら、写真も一緒に無駄になってしまいます。

きっと写真も、スピード写真じゃなくて写真館で撮った高い写真ですよね。

これは経済的なダメージが大きいですよね。

だから、写真は一番最後の仕上げに貼りましょう。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする