あなたのエントリーシートはちゃんと読まれています。

fotolia_90149159_xs

多くの就活本では、「エントリーする企業を絞る」ことを推奨している。まずこれはやめた方が良い。「エントリー企業数を絞る」ことは、チャンスを狭めることと同じである。 確かに、受験する企業数を絞ることで、企業研究や対策の時間が

というコラムの中に、こんなことが書かれていました。

■エントリーシートはコピペで充分
就活の初期段階でエントリーシートが読まれることはまず無い。せいぜい、個人面接に移行してからである。また、エントリーシートがどんなに素晴らしくても内定に及ぼす影響度は稀少である。であるならば、時間をかけるのはムダというものだ。

皆さんはどう思いますか?

新卒採用を長年やってきた私の意見はこうです。

確かに多くの受験者をさばかなくてはいけない大企業であれば、最初の書類選考の段階ではじっくりと読まれることはないかも知れません。

文章を読んで総合的に判断するのではなく、幾つかのチェックポイントが設けられていて、それに合致するかどうか等、素早く多くのエントリーシートを処理するための方法を取っている可能性はあります。

ただ、それが通過して面接の段階になったら、あなたのエントリーシートは必ずじっくりと読まれます。

志望動機は、本当に業種や職種を理解して、本気でそれを望んでいるかの判断材料となりますし、自己PRや「学生時代に頑張ったこと」などは、あなたという人がどんな人なのかを知る材料です。

手を抜いてコピペで作られたようなエントリーシートは、百戦錬磨の人事の目にかかれば、いっぺんで見抜かれてしまいます。

多くの企業の人事担当者と話す仕事をしているある人が、こんなことを言っていました。

「エントリーシートは皆、ちゃんと読まれています。私の知る人事部長氏は、出張の新幹線の中で、束になった大量のエントリーシートをじっくり読み込んでいました。」

エントリーシートは、書くのも大変ですが、読むのも大変ですね。

でも、そうやって一生懸命読んでくれると思ったら、書く気も少しは増してきませんか?

エントリーシートはあなたを企業に表現するとても大切な手段。

大変ではありますが、心をこめて書いてみませんか?

では、今日はこのへんで!

◆先着3名さま無料で就活相談!◆

◆無料で就活相談受付中!◆

スキルクラウドでサービスリリースを記念して、先着3名さまに限り、無料で就活相談を受付中です!

下記をクリックしてください。

その他|資格・就活|就活・転職・キャリア・なんでもzoomでお気軽に相談ください 人事歴15年、就活・転職支援5年の経験で、就活・転職に関するあらゆるご相談に親身に対応します。・面接対策、模擬面接・履歴書、職務経歴書、エントリーシートなどの添削・その他専用ルームでのやり取りとzoomで行います。|スキルシェア・スキルマ…
【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

【広告】
レクタングル(大)広告