先に内定した友達のアドバイスはあまり聞かない方が良いたった一つの理由

Fotolia_100176135_XS

あなたより先に内定をもらった友達がいた場合、あなたはその人に、いろいろ体験談を聞いて自分も真似しようと思うかも知れませんね。

でも、私は、それはあまりオススメしません。

その理由は、

【広告】
レクタングル(大)広告

何故内定が取れたのか本人はわかっていないから。

です。

お友達は、ドヤ顔で、「自己PRは適当に盛った方がいいぜ」とか、「SPI対策はこの本だけやっとけばバッチリだぜ」とか、いろいろあなたにアドバイスしてくれるかも知れません。

でも、その人がそれが理由で受かったのかどうかは、本人も知らないのです。

企業は内定を出すときも、落とすときも、理由を言ってくれないからです。

自己PRが適当に盛られていても、それを見ぬくことができない企業だっただけかも知れないし、SPIが良くなくても、本人の人柄が良ければ採用するかも知れないのです。

だから、「こうすれば内定が取れる」的な発言については、その人がそう思いこんでいるだけなので、聞いたふりだけして、真に受けない方が良いです。

企業が内定を決める理由は、いろいろある。

採用試験は、学校の期末試験や何かの資格試験のような単なる能力試験ではありません。

その人の適性や能力や人柄などを、総合的に判断して、そして何よりもその企業に合いそうかどうかを一番重視して決めるのです。

だから、これをやっておけば受かる、とか、これをやると落ちるとか、

そういう画一的なことは絶対にありません

そのような言い方をする人がいたら、それは単なる都市伝説であり、惑わされないように注意した方が良いですね。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする