【エントリーシートの書き方のコツ】その「接続詞」は必要ですか?

a0002_005734

学生さんのエントリーシートを添削していて気づくことの一つに、安易な接続詞の使い方があります。

エントリーシートで良く出てくる接続詞は、「そして」、「しかし」、「また」、「そこで」などです。

心当たりありませんか?

実は「接続詞」にはとても多くの種類があって、分類すると、

「接続詞」を断捨離すると、文章がグンと読みやすくなる!? – リクナビNEXTジャーナル

に書いてあるようなものがあります。

接続詞は、必要なときに正しい使い方であれば、読む人に適切な案内役となってくれますが、安易に多用すると、文章が暑苦しく、また読みづらいものになってしまいます。

必要な接続詞、必要でない接続詞はどのように判断すれば良いでしょうか?

それは、

【広告】
レクタングル(大)広告

無くても文章の意味が通じるなら、その接続詞は無い方が良い。

ということです。

特に文字数制限があるエントリーシートでは、無駄な言葉はできるだけ省ければシェイプアップもできますよね。

私自身もブログの文章を書いてアップする前には、このチェックをするようにしています。

必要な接続詞であっても、使い方が間違っていないかは、上のリンクの記事が参考になるので見てみてくださいね。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする