企業がリーダーシップ経験を聞くのは、あなたにリーダーになってもらいたいからではありません。

fotolia_115679577_xs

就活の面接やエントリーシートで、「学生時代に頑張ったこと」を聞かれますよね。

そのときに、部活の部長やバイト先でのリーダーなど、リーダーシップを取った経験を書くのが良いと言われます。

また、面接では、エントリーシートなどにそのようなリーダーシップ経験が書いてあると、「どんな苦労があったか?」とか「どのようにして皆をまとめたのか?」など質問されます。

企業は何故、学生にリーダーシップの経験を問うのでしょうか?

だって、新入社員として一番下っ端になるあなたに、リーダーシップを求めるというのはおかしいと思いませんか?

でも実はリーダーシップを聞くのは別の理由があるのです。

【広告】
レクタングル(大)広告

新人に求められているのは「良い下っ端」になること

企業が新入社員のあなたに求めることは何でしょうか?

それは、「良い下っ端」になってくれることです。

では、「良い下っ端」になるには、あなたは何をすれば良いでしょうか?

リーダーの言うことを理解し、的確に実行する。リーダーにとって使いやすい部下になることです。

そのためには何が必要でしょうか? それはリーダーの気持ちを理解できるということです。

もし、あなたにリーダーになった経験が無ければ、人の上に立って皆をまとめるリーダーの苦労や悩みが分からないでしょう。

あなたにリーダーになった経験があれば、どのようにリーダーに協力すればリーダーを助けることができるかわかるでしょう。

これが、あなたにリーダーシップ経験があるかどうか、企業が聞く理由なのです。

リーダーシップと同じくらい大事なフォロワーシップ

これは、あなたが下っ端の新入社員時代だけではありません。

将来も、全ての人がリーダーになれるわけではありません。むしろ、多くの人が、リーダー以外の立場で仕事をしていくことになります。

そうしたときにリーダーをフォローし、自分に与えられた仕事を遂行する。

それをリーダーシップに対して、フォロワーシップと言います。

リーダーひとりが頑張っても、チームでの仕事は成功しません。

リーダーを支える良いメンバーがいてこそ、チームは戦えます。

部活やバイトでリーダーを経験したあなたには、そのことが痛いほどわかっているはずですね。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする