就活での色々なマナーを守るべきたった一つの理由

fotolia_116940277_xs

就活での服装だとか、面接室に入る時のやり方だとか、色々なマナーを守る必要があるということは、多くの場面で目にすると思います。

では、このマナーって何のために守った方が良いのでしょう?

社会人としての基本的な常識ということはもちろんあります。

でも私は、就活をする皆さんにとって、マナーを守ることはとても有効な戦略なのだと言いたいのです。

それは、

【広告】
レクタングル(大)広告

マナーを守ることは目立たないようにするため

です。

リクルートスーツについても、一方では没個性的だとかいう批判もありますが、耳を貸す必要はありません。

一番オーソドックスで一番目立たないリクルートスーツに身を包みましょう。

ネクタイも平凡なストライプがいいですね。

面接室に入るときも、教えられたように、間違いなくそつなくこなしましょう。

そうするとどうなるかというと、

あなたは外見上、何も気にならない存在になるということです。

何か一つでも他の受験者と違うことをすれば、目立ちます。

外見上で目立たせることも戦略ではないのか?

と思いますか?

カッチリと非の打ち所がないリクルートスーツの人たちに、どうやってそれ以上に良い方向で目立たせることが出来るでしょうか?

見た目で差をつけようということは、まず不可能なことではないでしょうか?

そうであるなら、あなたが取るべき戦略は、マイナスにならないようにすることです。

皆が同じであるところで、一人だけマナーが悪ければ、いわゆる「悪目立ち」します。

それを防ぐことが一番大事な戦略です。

逆に普通にマナーが良ければ、気にされません。第一段階はそれでいいのです。

それからが勝負。

外観が気にされなくなることで、あなたは中身で勝負できる

ということなのです。

面接官は毎日何人もの学生を見ます。

皆が同じリクルートスーツを着て、教えられた同じ所作をします。

そんなものは教えられてその通りにやっているということも面接官は百も承知です。

だから、そこまでちゃんとやっているということは当たり前で、評価の対象にはなりません。

そこから先が勝負です。

あなたは、やっとスタートラインに立つということです。

そこから何で勝負をするのか?

中身です。

本当のあなたは、決まりきった真っ黒なスーツで決められたものではありません。

個性ある、あなた独自の存在です。

それを面接で出せばいいのです。

それが出せれば、面接官はそこだけを見てくれます。

つまり、就活でマナーを守るのは、あなたが見て欲しい部分だけを見てもらうための戦略だということです。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする