履歴書やエントリーシートの志望動機に必ず入れなくてはいけない3つの要素

履歴書やエントリーシートに、必ずと言ってよいほどあるのが、「志望動機」の欄です。

これを書くには、3つの大事な要素があります。

【広告】
レクタングル(大)広告

何故その業界を選んだのか?

その企業を選んだ理由の前に、何故その業界を選んだのかを書きます。

自分の好きなものを扱っているからか、自分の学んできたことを活かせるからとか、将来性がある業界だからとか、人それぞれあると思います。

的外れでなければ、基本的には何を書いても良いです。

業界地図などを見て、その業界の特徴を捉えた内容であるかチェックしましょう。

何故その企業を選んだのか?

自分の軸として選んだ業界であれば、その業界の中で何社も受験することになると思いますが、それぞれの企業に出す志望動機には、「何故この業界の中でこの企業なのか」の理由が必要です。

これを書くには、まずリクナビやマイナビに書いてある企業の事業説明や、企業のサイトなどをよく読んでください。

その企業が他社と差別化している部分は何なのか、ウリとしている部分は何なのかをよく研究する必要があるからです。

特に、リクナビやマイナビに書いてある事業説明や会社の特色は重要です。

企業のサイトは必ずしも学生向けではなく、投資家向けだったり顧客向けだったりしますが、リクナビやマイナビの記事には、特に学生に対してアピールしたいことが強調して書かれているからです。

企業が学生にアピールしたいと思っていることを、ガッチリ受け取って理解していますよ!ということをアピールするのです。

企業はそれを見れば、「お!この子はちゃんとわかってるな!」と思います。

その企業に入って何をしたいのか?

最後は、あなたが何をしたいのか?です。

これを書くには、リクナビやマイナビの記事や企業のサイトをよく読んで、「求めている人材像」を探ってください。

また、募集要項を見て、募集する職種を理解してください。

あなたの能力や人柄は、その企業が求めている人材のどこに合致しているでしょうか?

あなたがやりたいことは、その企業がやってもらおうと思っている、どの職種に合致しているでしょうか?

私が人事として面接をしていたときに、「その職種は今年は募集していません」という職種をやりたいと言ってくる人がたまにいました。

これでは、企業研究が不十分だったことを暴露するだけになってしまいます。

そんなことにならないように、よく研究をして、あなたの「どんな能力を活かして、どんなことをやりたいのか」、具体的に書くようにしてください。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする