「面接でこう言え」的なノウハウはそのままやると逆効果です。

前にこんなことがありました。

「面接での逆質問はどんなことを聞いたら良いですか?」

と学生に聞かれたので、私は良くある模範的な質問を教えてあげました。

「『入社するまでに勉強しておくことやしておくことがありますか?』なんて、前向きな感じでいいんじゃないかな」

後日、その学生がやってきて、こう言うのです。

「逆質問で教わったこと言ったのですが、そしたら面接官から、

『はい、その質問今日で3人め〜!!(笑)』

って言われました。」

私は、

「あ、やっちゃったな」

と思いました。

これは私の失敗談です。

【広告】
レクタングル(大)広告

企業はマニュアル人間を求めてはいない

この例でわかるように、毎日多くの受験者と接している面接官にとって、模範的なことを言うのは、「またか」と思われるだけなのですね。

「またか」と思うことだけで即不合格とはなりませんが、あなたへの印象は、「無難なことは一応できそうな人だ」というだけで、あなたの良さは全くアピールされていません。

では、どんなことを言えばいいのでしょうか?

それは、入社してからの仕事を考えてみればわかってくるはずです。

アルバイトではないのですから、あなたが入社してからやる仕事は、マニュアルに書いてあることを忠実にやることではありません。

マニュアルもお手本もない新しいこと。

それを自分の頭で考えて、実行する力がある人。少なくとも、それができそうと感じさせる人を企業は求めているのです。

何かをやらせたらその度に、「マニュアルがないのでわかりません」と言ってくるような社員を求めている企業はありませんよね。

そう考えれば、面接であなたがすべきことはわかります。

つまり、

あなたの頭で考えて、あなたの言葉で話すこと

です。

「こんなこと言ったらまずいんじゃないか」

「どんなことを言えば良く見られるんだろう」

そういうことを考えてしまう気持ちは良くわかります。

でも、逆質問に限らず、じつは話す内容は二の次なのです。

あなたが、自分の頭で考えて、自分の言葉で言うこと。

それが一番大事なのです。

それができれば、面接官も、他の人にない何かを必ず感じるはずです。

では、今日はこのへんで!

◆先着3名さま無料で就活相談!◆

◆無料で就活相談受付中!◆

スキルクラウドでサービスリリースを記念して、先着3名さまに限り、無料で就活相談を受付中です!

下記をクリックしてください。

その他|資格・就活|就活・転職・キャリア・なんでもzoomでお気軽に相談ください 人事歴15年、就活・転職支援5年の経験で、就活・転職に関するあらゆるご相談に親身に対応します。・面接対策、模擬面接・履歴書、職務経歴書、エントリーシートなどの添削・その他専用ルームでのやり取りとzoomで行います。|スキルシェア・スキルマ…
【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする