就活のエントリーシートで一番大事なたった一つのこと

就活につきもののエントリーシートですが、これは各企業がそれぞれ工夫を凝らして創作しているものなので、中にはすごく量が多かったりして、書くのが大変なものも少なくありません。

そうしたエントリーシートについて、一番大切な心構えを書いてみたいと思います。

それは何がなんでも必ず出すこと

当たり前じゃないか。と思いますか?

そう思ったあなたは、もしかしたらまだエントリーシートで「もはやこれまで!」と言うところまで追い詰められたことがないからかも知れません。

エントリーシートを書き始めてみたものの、お題が難しくて何を書いたらよいかわからない、「自由に表現してください」と言われてA4いっぱいの白枠を与えられても、頭の中の方が真っ白で何も浮かばない。

悩んでいるうちに提出期限は近づいてきて、もう面倒だし、わからないし、やめちゃおうか。。。

ちょっと待ったァーーー!

エントリーシートは、出さなければその企業はそこで終わりです。

でも、内容がダメダメでも出しさえすれば、可能性は残るのです。

というのは、エントリーシートは出したあと、どう扱われるのかがわからないからです。

エントリーシートをじっくり読んで、面接でさらに突っ込んでくる企業も確かにありますが、企業にとっては、多くの応募者のエントリーシートを1枚1枚じっくり読み込むというのは、かなり大変な作業ですので、それをすべての企業がやっているかというと、決してそうではありません。

どの程度真剣に読んでくれているか、どういう評価基準でエントリーシートでの採否を決めているかは、これはもうそれぞれの企業の中のことですから、私もわかりようがないのです。

でも、もしかしたら、あなたが受ける企業は、エントリーシートをあまり読まない企業だったり、読んでもエントリーシートだけでは採否を決めず、単なる参考程度としている企業かもしれないじゃないですか。

そんな企業だったら、一生懸命書いたとしたらちょっと悲しいということもありますが、書くのが大変だったら、それでも拾ってくれる企業はありがたいじゃないですか。

でも、出さなかったら、そのチャンスも失われます。

だから、就活のエントリーシートは、

何が何でも必ず出す

これが、大事なのです。

わかったら、とにかく、なんでもいいから枠を埋めて、必ず出しましょう!

就活はあきらめない人が最後に勝つのです。

がんばってください!

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
LINEで気軽に質問

公式LINEでご質問を受け付けています。

ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 登録いただきますと、このブログの更新情報などをお送りします。

あなたのメッセージをお待ちしています!

関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする