「出身校を採用基準にすることを明示する」ことに賛成する3つの理由

Group Of Students Attending Graduation Ceremony

企業が採用条件を明示し、出身校を採用基準とすることは問題だと思いますか、それとも問題ではないですか。理由も添えてご意見をください。
企業の採用基準に学歴を明示することの是非 | 為末大×AERA 白熱ウェブ

との記事があったので、この場で申し訳ないですが、元採用担当者である私の意見を書きたいと思います。

私は、企業が採用するときに、出身校を採用基準にすることは問題ではないと考えています。ただし、これは、「当社は出身校を採用基準としています」ということを明示すると言うことについてです。

「当社は出身校を採用基準としています」ということを言わないで、実は裏で出身校で選別しているというケースについては賛成していません。

私が、出身校を採用基準とすることを明示するのに賛成する理由は下記のとおりです。

広告
レクタングル(大)広告

応募者は無駄に受験しなくて良い

出身校を採用基準としていることを言わないで、実は裏で出身校で選別していたとしたら、絶対受からないと分かっている試験を受けることになってしまいます。

受験者にとって、こんな無駄なことはありません。ですから、「当社は出身校を採用基準としています」ということをあらかじめ言っていただいた方が良いです。

ただ、ここで問題なのは、「当社は出身校を採用基準としています」ということだけを明示されても、「自分の大学はどうなのか?」が分からないと同じことなので、「明示する」というのは、具体的な大学名を言ってもらうと言うことになりますね。

さて、そこまで実際にやるかどうかということは、確かに大いに疑問ではありますが。

企業は無駄に面接しなくて良い

実際は出身校で足切りしているのに、それを言わないで募集すると、採用しない学校からたくさんの応募者が来てしまいます。出身校で足切りしていることを公にしたくない場合には、カモフラージュのために、採用する気のない学生も面接しなくてはいけません。

企業としても、こんな無駄なことに時間とエネルギーを割くのは良いことではありません。

というか、そのようにして学生に無駄なことをさせているということは、まともな企業であれば、「受験者に申し訳ない」という気持ちになるはずです。これは、採用する側としても精神衛生上良いことではありません。

社会に対して申し訳ないと感じることをやるというのは、企業としてあるべき姿ではないでしょう。

そういう考え方の企業であることが公開される

私は、これが一番の効果だと考えています。

そもそも「出身校を採用基準とする」ということはどういうことなのでしょうか?

企業が採用をする目的は、「会社に貢献してくれる人を獲得する」であり、あくまでも「人」です。

「出身校を採用基準とする」ということは、「偏差値で人の優劣が判断できる」と考えているということです。

実際、

「勉強ができるということは問題解決能力があるということ。必要な人材がいる確率も高いと思います」
日本経済新聞 印刷画面

という採用担当者の意見もあります。

大学の受験勉強が出来たということは、確かにある種の能力があり、ある種のことに対して努力をすることができた人であることは証明できるかも知れません。でも、大学受験は人生の中の色々な種類のハードルの中のほんの一つであって、それ以外にも人を判断するのに見るべき要素はたくさんある。と私は思います。

「人をどうやって判断するか?」を語れば深すぎるテーマですのでここでは多くを述べませんが、私が言いたいのは、「当社は出身校を採用基準としています」ということを明示してもらうことで、「ああ、この企業はそういう考え方をする企業なのだな」ということがわかるということです。

「自分をどう見てもらいたいか」がはっきりしている応募者にとっては、そういう考え方をする企業であれば止めておこうということができます。

つまり、今までは裏で足切りをしていたのですが、今度は受験者の側から来なくなるということです。

そうなると結果はどうなるでしょうか?

今まで足切りをしていた人数と、減る応募者の数は一致するでしょうか?

興味深いですね。

まとめ:企業が採用基準を明示することの意味

学歴に限らず、「当社はこういう考え方で採用をしています」ということを世の中に明示するということが、これからはどんどん必要になってくるはずです。

それは法令を遵守しているかどうか、人をきちんと見ることができるかどうか、などを世の中にアピールすることになるからです。

逆に、それを明示できない企業は、考える力がないのか、何かグレーなことをやっているのか、ということをアピールすることになってしまいます。

そこのところが、企業が採用基準を明示することの一番のポイントだと私は考えています。

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • ・空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • ・個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ・ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • ・このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする