あなたが1次面接で落ちるもう一つの理由

55c14138914af011743742b5ac847f09_s

先日、最終面接に落ちてしまう理由についての記事を書きました。

就活の最終面接で落ちる3つの理由
1次面接、2次面接は受かって最終面接まで来たのに、最終面接で落ちてしまうということをよく聞きます。 なぜ、最終面接で落ちてしま...

順番が逆になりましたが、今回は、最初の1次面接で落ちてしまう理由について、また採用の現場での私の経験を踏まえて書いてみたいと思います。

タイトルは似ていますが、今回は、最初の「1次面接」ですからご注意を。

1次面接とはどんな面接なのか?

1次面接とは、採用試験の一番最初に行われる面接です。

企業によっては、1次面接の前に書類選考が行われることがありますが、どちらにしても応募者と企業が実際に会って話をする最初の機会であることは変わりありません。

企業にとっては、どんな人が来るのか分からないという状況ですから、まずはあらゆる希望職種の経験があるということと、最初に一番基本的なところを確認する役割という意味から、人事部の採用担当者が面接官をすることが多いです。場合によっては、中小企業の場合は人事部長クラスが出てくることもあるかも知れません。

いずれにせよ、面接官は人事部が中心で、面接で行われる質問も、型どおりの基本的な質問がなされることが多いです。

基本的な質問とは、新卒の場合は、自己紹介、自己PR、志望動機、学生時代に打ち込んで来たことなど。中途の場合は、自己紹介、自己PR、志望動機までは同じですが、一番重要視されるのは、前職で何をしてきたのか、何ができる人なのか、そして、何故前職を辞めたのか。等です。

基本的な質問ですから、ある程度事前に準備はできます。ただ、事前に準備したからと言って、憶えてきたことをそのまま言うようなことをやってしまうと良い評価は得られないでしょう。

このあたりの注意事項については、こんな記事を書いていますので参考にしてください。

面接での自己紹介と自己PRの違いは何ですか?
あるサイトを見ていたら、面接での自己紹介と自己PRの違いが分からないという人への回答として、 自己紹介とは自己PRのことです。 ...

1次面接で見られるのは基本的なコミュニケーション能力

何故、憶えてきたことをそのまま言うようなことをやってしまうと良くないのかというと、それは会話になっていないからです。

1次面接は、最低限のレベルをクリアしているかどうかを見る関門です。そして、その最低限のレベルとは、「会話のキャッチボールができる人かどうか」です。

それなのに、相手が質問してきたことへの回答ではなく、自分が言いたいことだけを言うようなことをしてしまえば、「この人は会話のキャッチボールができない、基本的なコミュニケーション力に欠ける人である」という評価となり、不合格になってしまうのです。

ですから、これは、1次面接に限らず、その後の2次面接、3次面接でも共通することなのですが、面接官の質問をよく聞き、相手が何を聞いているのかを的確につかんで、求められていることだけを言う。

そこを心がけるのが良いでしょう。

1次面接の合否判定基準

私が企業で採用担当をしていたとき、毎年数百人の学生さんの1次面接をやってきました。そのときの合否判定基準は、上記のコミュニケーション能力において、明らかにダメだった場合以外は、「迷ったら通す」という考えでやっていました。

ですので、1次面接の合格率は、自然と半分以上は合格となります。その意味で、1次面接のハードルは以後の2次面接、3次面接と比較して低いということが言えます。

1次面接で落ちるもう一つの理由

実は、1次面接ならではの「落とされる理由」があります。

それはあなたのせいではありません。

表に出さない、裏の採用基準に引っかかっていた場合です。

それは例えば、学歴による足切りであったり、性別による差別であったりです。

最初から採る気がない学校であれば面接に呼ばないで欲しいところですが、学歴による足切りをしていることを知られたくないので、形だけ面接をするということもあり得ます。

学歴による足切りは違法ではありません。違法ではないにしろ、こんなお互いに無駄なことは止めて欲しいところですが、実際は存在します。

このことについてご興味がありましたら、こんな記事も書いていますので参考にしてください。

「出身校を採用基準にすることを明示する」ことに賛成する3つの理由
企業が採用条件を明示し、出身校を採用基準とすることは問題だと思いますか、それとも問題ではないですか。理由も添えてご意見をください。 企...

性別による差別は、募集段階でそれを言うと男女雇用機会均等法違反になるので、応募された場合は、性別に関係なく、同じように面接を受けさせる必要があります。

でも、男女雇用機会均等法では、男女を同じように「採用しなければならない」ということが求められているわけではないので、表向きは同じように面接を受けさせて、女性だけ落とす。ということが行われてしまうのです。

これらの「落とされる理由」は、受験者にとっては、自分のせいではないからこそ逆に悔しいということでもありますが、存在する事実はあるということです。

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形でブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。
  • あなたのメッセージをお待ちしています!

    広告
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告
    関連コンテンツ広告
     

    この記事をシェアする

    この記事を書いた人をフォローする

    広告
    レクタングル(大)広告