就活の面接で「普段着で来てください」と言われたときのたった一つの対処法

986831d5fd8e2f21371507187e0e1e2f_s

ときどき、そういう企業がありますね。

そのときは、「それはひっかけだから必ずスーツで行くべきだよ」と言う人がいます。

中には、そういう企業もあるかも知れませんが、果たしてそうでしょうか?

私はこんな相談が来たときにはこのようにアドバイスしています。

広告
レクタングル(大)広告

企業のいうとおり、普段着で行きましょう

これ一択です。

その理由はこうです。

2つのケースを考えてみましょう。

まず、企業が本当に学生のことを思って、「スーツは大変だろうから普段着で良いよ」と言ってくれている場合、もしくは、「スーツ姿ではない個性を見たいから普段着で来て欲しい」という意図がある場合です。

このときに、「きっとひっかけだろう」とあなたがスーツを着て行ったら、その企業はどう感じるでしょうか? 企業の人事担当者の立場にたって考えてみてください。

「せっかく親切に普段着で良いと言ってあげたのに、私のことを信用していないんだな」と思って悲しくなります。

自分のことを信じてくれない相手を採用したいと思うでしょうか? 私なら思いません。

または、「せっかく個性を見てあげようと思ったのに、それを見られたくないのかな?」と思ってしまいます。

間違いなくあなたは採用されないでしょうね。

そういうとあなたは、

では、本当にひっかけだったらどうするのか?

と言うかも知れませんね。それについてもお答えしましょう。

ひっかけをする企業はどういう考えの企業でしょうか?

「学生を選ぶためには、学生を騙しても構わない。」

と考えている企業ということです。

私は、学生に対してこういう不誠実なことを平気でする企業だとしたら、そういう企業はきっと、顧客に対しても、社員に対しても、同じようなことをしていると思います。

そういう企業にあなたは入りたいですか?

ひっかけであると思わず、普段着で行ったあなたが、その場ではちょっと嫌な思いを味わったとしても、不誠実な企業だった分かったのですから、それで収穫ではないですか。

つまりは、

自分が好きになった企業を信じないでどうする?

ということです。

企業も人です。

自分のことを無条件で信用してくれる人をかわいいと思わないわけがありません

あなたが入りたいと思った企業の言うことであれば、真っ直ぐ素直に信じましょう。

裏切られたら、その企業はそういうことをする企業だと分かったのですから、それで良かったではないですか。

世の中は、誰かが言うほど、「狐と狸の化かし合い」ではないですよ。

それとも、あなたはこれから一生、そんな中で生きていきたいでしょうか?

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • ・空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • ・個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ・ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • ・このブログの更新情報を送らせていただきます。

あなたのメッセージをお待ちしています!

広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする