「終身雇用が守れなくなった」後の日本はどうなるのでしょうか?

日本の大企業がまとまっている経団連の会長の、

という発言が話題になりました。

また、先日はトヨタ社長も、

Yahoo!ニュースに掲載された雇用、就業に関する記事を、過去にさかのぼって閲覧可能。重要なニュースを記録する日本最大級のアーカイブです。

と言いました。

「終身雇用が守れない」とはどういうことでしょうか?

定年まで勤めることができなくなるということでしょうか?

いつクビになるかわからない世界になるということでしょうか?

今日は日本の雇用はこれからどうなるのか? 主に若い人を対象に書いてみたいと思います。

【広告】
レクタングル(大)広告

「終身雇用が守れなくなった」と言うのは簡単にクビにされるということではない

まず日本には正社員の「解雇規制」というものが厳しくありますので、「終身雇用が守れなくなった」からと言って、

「お前はいらなくなったから明日からクビ」

ということができるようになるわけではありません。

この点は今のところは安心して大丈夫です。(法律が変わらない限りは・・・)

では、終身雇用が守れなくなったら何が変わるのでしょうか?

「終身雇用が守れなくなった」とは長く勤めることのメリットが無くなるということ

今までは「年功序列」というものがありました。

毎年年齢に応じて少しずつ給料は上がり、ある程度の年齢になれば、それ相応の役職について、いわゆる、徐々に出世していけるということです。

当然のことながら、社員の給料が徐々に上がるということは、企業にとっては徐々に人件費が多くなるということです。

一昔前の高度成長期であれば、徐々に業績も上がるし、社員をさらに雇ったり、設備投資をしたりして、会社を大きくしていくこともできました。

その結果、また給料も上がるという良い循環の中にありました。

社員は会社に一度雇われたら、ぞこに骨を埋めるつもりで長年頑張っていけば、一生の生活が保証されるということを、誰も疑う必要はありませんでした。

しかし、時代は変わりました。

高度成長経済は終わり、社員の年齢構成はどんどん高齢化し、企業は増大する一方の人件費には耐えられなくなりました。

そこでどうしたかというと、年功制の廃止です。

つまり、長くいるだけでは給料が上がらなくなったのです。

今までは、我慢して長く勤めていればそのうち給料が上がって楽になると希望が持てたのですが、これからは長くいることのメリットが無くなるのです。

これが「終身雇用が守れなくなった」ことの実態です。

「終身雇用が守れなくなった」世界では、給料を上げるには会社を変わるしかない

では、どうやったら給料が上がるでしょうか?

それはもう、頑張って自分のスキル、能力を上げ、成果を出して、自分の給料を上げていくということです。

頑張ってスキル、能力を上げても会社が給料を上げてくれなかったらどうするか?

転職するということです。

企業が「終身雇用が守れなくなった」というなら、こちらも終身雇用に頼らないようにしなくてはいけません。

学生の半数以上が「できれば定年まで勤めたい」と言っているというデータがありましたが、これからの時代、そんな考えはまず捨てた方が良いです。

逆に言えば、「できれば定年まで勤めたい」と言っているようでは未来がないよということです。

「終身雇用が守れなくなった」世界は、企業にとっても厳しい世界

企業にとっては、年功制の賃金を止めて人件費が増えるのを抑えることができたからと言って、一安心と喜んでいるとしたらおめでたい企業です。

何故なら、上に書いたように、頑張ってスキル、能力を上げた社員には、それに報いることができなければ、どんどん辞めてしまう世界になるからです。

気がついたら、会社に残っているのは、安い給料でも会社にしがみつくしかない能力の低い社員ばかりということになるからです。

企業にとっては、それを防ぐためには、必要な社員には今以上に手厚い報酬で報いていくようにしなくてはいけません。

全員一律ではなく、能力、スキルに応じた報酬のシステムが求められていきます。

そうした変化に対応して改革していける企業だけが生き残ります。

良い企業、ダメな企業でどんどん格差ができていくと思います。

さて、そんな世界であなたが行けるのは、どんなレベルの企業でしょうか?

それはひとえに、あなたがこれからどれだけ能力やスキルを磨くことができるか? にかかっているのです。

では、今日はこのへんで!

LINE就活相談

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報などをお送りします。
  • 込み入ったご相談は、有料サービスもご検討ください。

あなたのメッセージをお待ちしています!

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする