努力は必ずしも報われるとは限らない

「努力は必ず報われる」と言うことわざを座右の銘にしている人も多いのではないでしょうか。自分自身の目標を達成するために努力をし、成長し続けるのはいいことです。ですが、報われない努力もたくさんあるのもまた事実ですよね。実際にこの「努力は必ず報われる」という言葉は正しいと思うか、間違っていると思うのか……大学生に聞いてみまし...

という記事を読みました。

大学生の58.3%は、「努力は必ず報われる」という言葉は正しいとは思わないとのことです。

きっと、努力はしていたけど報われなかったとか、報われそうにないという状況を経験しているからでしょうね。

あなたはどう思うでしょうか?

私はこう思います。

【広告】
レクタングル(大)広告

間違った方向の努力は報われない

何かを実現するには、それなりの努力は必要です。

私もそれは否定しません。

ただ、「努力をすれば必ず報われる」ということにはなりません。

努力しても報われないことは、間違いなくあります。

それはどういう場合かというと、間違った方向の努力をしているときです。

努力する方向が間違っていたら、どんなに努力しても、絶対に報われません。

良い例を挙げましょう。

昔読んだ本です。

Amazonで森 政弘の「非まじめ」のすすめ―ゴミを砂金にする発想 (1977年)。アマゾンならポイント還元本が多数。森 政弘作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「非まじめ」のすすめ―ゴミを砂金にする発想 (1977年)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

この本に面白い例えが書かれていました。

一匹のハエが、外に出ようともがいて窓ガラスにぶつかっています。

何度も何度も窓ガラスに突進してはぶつかって、それを繰り返しています。

彼の努力は、報われるでしょうか?

何度も何度もぶつかり続ければ、いつかはガラスを突き破って外に出れるでしょうか?

そうは思わないですよね。

彼の努力は絶対に報われません。

同じことを繰り返している限り、彼は絶対に外には出られません。

この例え話には、じつは続きがあります。

そのガラス窓は、半分開いているのです。

ちょっと後ろに下がって、横の方を見てみれば、彼は苦もなく外に出られるのです。

でも、目の前にあるガラスに何度も突進することしか考えていない彼には、それが見えないのです。。。。

あなたの努力の方向は間違っていませんか?

今、努力が報われないと感じているあなた。

今のあなたは上のハエと同じようなことをしていないでしょうか?

就活で言うなら、自分が適していない仕事や、自分に合わない企業に入ろうと、必死にあがいてはいないでしょうか?

会社員なら、今の境遇で我慢して仕事を続けていれば、いつか楽になれると思っていないでしょうか?

なぜ、今のあなたはつらいのでしょう?

それは、あなたが「努力は報われるはず」と思っているからです。

「努力は報われるはず」と思っているから、そうならなかったときつらいのです。

でもね。

本当はあなたも「そうじゃないこともあるはず」と気づいているのではないですか?

それを認めると今まで努力してきた自分が否定されてしまうから、認めることができないでいるだけじゃないですか?

疲れたら、ちょっと違う方向を見てみませんか?

あなたが気づかなかったところに、窓が開いているかも知れませんよ。

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする