仕事がつらいとき、続けるべきかどうか迷ったときのたった1つの判断基準

会社で仕事をするというのは、多かれ少なかれつらいことがあるものです。

上司がひどい人である、

同僚との人間関係が悪い、

残業が多すぎる、

仕事がつまらない、

仕事が自分に合わない

・・・ETC

そんなことが続くと、「辞めてしまいたい・・・」となることもありますよね。

でも、真面目なあなたですから、「辞める」ということは「逃げ」なんじゃないかとも考える。

「ここを辞めても、他でも同じなんじゃないか」

とも考えてしまう。

もしかしたら、上司から

「ここでやっていけないなら、他に行ってもダメに決まってるぞ!」と言われたりしている。

そうなんだろうか?

辞めてしまう自分はダメなんだろうか? 逃げているだけなんだろうか?

でもつらい。

辞めていいのか、どうなのか、どう判断したらいいんだろう?

と悩んでいるあなたへのアドバイスです。

【広告】
レクタングル(大)広告

まず、自分の弱さを認める勇気を持とう

このまま我慢して頑張ったとしたら、自分はどうなるだろうか?

を考えてみてください。

もしかしたら、もう体力的に限界で、これ以上続けたら体を壊す。

または、メンタル的に限界で、鬱になる一歩手前である。既にその兆候は出ている。

そんな状態だったら、つまり、

続けることで自分がよりダメな状態になることが明らかであるなら、辞めて良いです。

というか、辞めるべきです。

そう言われると、

「いや、でも自分が弱いからではないか?」

と思うかも知れませんね。

その通りで、いいじゃないですか。

弱いあなたなら、弱いなりに、自分を守らなければ、自分がもっとダメになってしまいます。

自分の弱さを認めることも、勇気です。

まず、自分を大事にしましょう。

辞めるべきかどうかの判断基準は、自分が成長できるかどうか

体や心が壊れるというほどそれほどではないけれど、イヤだ、辞めたい。

そんなときはどうすべきでしょうか?

これも、

このまま我慢して頑張ったとしたら、自分はどうなるか?

を考えるのです。

残業が多くてつらい。

でも、これを頑張って乗り越えたら、自分の実力が一段階上がるかも知れない。

今の仕事が好きじゃない。自分に合っていない。

でも、頑張って取り組んでみたら、もしかしたらそのうち好きになるかも知れない。

そう思えることがあったら、もうちょっと頑張ってみるのです。

今のつらさを乗り越えられたら、自分が成長できるかも知れない。

そう思えたら、頑張ってみるのです。

このまま続けたら、自分がどうなるか?

そこをもう一度、じっくり考えてみてください。

自分で考えることが難しければ、私で良ければ、いつでもご相談に乗りますよ!

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
LINEで気軽に質問

公式LINEでご質問を受け付けています。

ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 登録いただきますと、このブログの更新情報などをお送りします。
  • 就活に関する詳しいご相談は、有料サービスをご検討ください。

あなたのメッセージをお待ちしています!

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする