履歴書やエントリーシートを何枚書き直しても見てもらえるのは最後の1枚だけ

就活につきものの履歴書やエントリーシート。

1回で書き上げられる人もいるかもしれないし、途中で失敗して何枚も書き直す人もいるでしょう。

でも企業の人はあなたが何枚書き直したかなんてわかりません。

だって見るのは最後の完成版1枚だけですからね。

当然ですが、それまでにあなたがどんな苦労をしてきたのか、またはしてこなかったのかなんてことは、選考基準に入っていません。

「何枚も書き直した努力をみてほしい!」という気持ちはわかりますが、それは無理というもの。

これ、理不尽だと思いますか?

私はそうは思いません。

その理不尽は社会に出てからのための練習です。

今までの企業は、残業をたくさんしたとか、休みを取らずに頑張ったとか、そういう「努力」を評価することが多くありました。

だから、頑張りすぎて過労死なんてことも起きていたのです。

ご承知のようにこれからの時代は違います。

そうした、「どれだけ頑張ったか」では評価されず、「仕事の成果」だけで評価されるようになります。

「仕事は結果が全て。」

これは当然のことだったのですが、今までは必ずしもそうはなっていませんでした。でも、これからは確実にあらゆる企業で確実にそうなっていきます。

仕事の世界では、あなたが何枚失敗して書き直したかは関係ありません。

上司は、あなたが出した仕事の結果だけを見ます。

今はその練習をしていると思ってください。

全てはあなたが今まで生きてきたことの結果

「最後の1枚しか見てもらえない」のは、履歴書やエントリーシートだけではありません。

面接の場だって同じことです。

「たった30分の面接でその人の何がわかるのか?」

というようなことは良く言われますが、これは半分はその通りですが、半分はそうでもないと私は思っています。

今受けている面接の30分は、あなたの今まで生きてきた人生の最後の30分です。

最後の1枚の履歴書やエントリーシートも同じです。

あなたが今まで生きてきた生き方、考え方、そしてあなたがどんな人なのか。

それらの存在全てが、あなたの最後の30分、あなたの最後の1枚を作ったのです。

何枚も書き直したからこそ、最後の1枚が立派に仕上がったのです。

人生に無駄なことは何もありません。

結果には自然と過程がにじみ出て、相手に伝わるものです。

そう考えれば、何も理不尽なことなど、人生にはないのです。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
LINEで気軽に質問

公式LINEでご質問を受け付けています。

ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 登録いただきますと、このブログの更新情報などをお送りします。

あなたのメッセージをお待ちしています!

関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする