面接で落ちる人ができていないことと、受かる人ができていること

面接を受ける大学生

ある日の新卒採用面接のことだ。

ちょっと暗い雰囲気の彼女。

その履歴書を見ると、文系の大学を出た後、もう一度専門学校に入り直している。

学校を途中で辞めたり、または卒業後に再度学校に入り直す人は結構いる。

こういう場合面接官は、突っ込みどころが来たと思う。

「突っ込みどころ」とは決してダメ出しという意味ではない。

興味をそそられて、深く聞いてみたくなるポイントということだ。

ところが、彼女に再度学校に入り直した理由をたずねると、大学卒業時に就活を失敗したらしい。大学院に行ってさらに勉強しようとも思ったが、結局、周囲のすすめもあり、就職に有利と思われる資格が取れる専門学校に行った。資格欄には書ききれないほどの資格が書いてあった。

話す彼女の顔を見ていると、勉強したいと言ってはいたが、就職できないので大学院へという、よくあるパターンであることは明白だった。そして資格取得に走る。

自己分析が不十分で、自分の適性ややりたいことがはっきりせず、周囲に流されて、結局、軸が定まっていないので、それが面接で分かってしまい、不合格になる。

軸が定まっている人は、面接していても、すごく透明感がある。

「あ、この人はこれがやりたいんだな」

そうはっきり感じることが出来さえすれば、あとはやりたいことと、企業がやって欲しいことのマッチングさえできれば内定だ。

でも彼女の場合、それがなかった。聞けば聞くほど、うわべだけの言葉が続く。彼女の中から出てきた言葉じゃないのだ。何度も言葉に詰まったのは、決して緊張しているからだけではなかった。

面接官の立場としては、申し訳ないけれど、この人は当然不採用だ。

そして、面接官としては、ここでこの人とはもう関わることはない。

私の仕事は今まではそうだった。でも・・・

以前に各社の採用担当者が集まる会に参加していたことがあった。

その時に私は、「採用担当者の仕事は企業の利益になる人を選ぶこと」と言ったら、「確かにそうだと思うけど、なんか違うようにも思う」と言った人がいた。

その、「なんか違う」に今、私は答えを出そうとしている。

これからは、私はキャリアカウンセラーとして、彼女のような人を支援していくのだ。企業の利益のためではなく、個人の幸せのために働くのだ。

面接の場で、彼女を見ながら、そんなことを一瞬、考えていた。

あなたには、きっと良いところがある。それを見つけるんだ!がんばれ!

そう心の中で、もう二度と会うことのない彼女につぶやいていた。

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

【広告】
レクタングル(大)広告