面接で他社の選考状況を聞かれたらどう答えるのが良いでしょうか?

就活シーズンも中盤以後になると、面接ではだいたいこの質問が出ますね。

「他社の選考状況なんて、正直に言ってしまっていいんだろうか?」

「他社で内定もらっているんだけど、それを言うと不利にならないだろうか?」

なんて、考えてしまうところですよね。

この問題については、まず、「そもそも企業は何故他社の選考状況を気にするのか?」について想像してみてください。

これには主に2つの理由があります。

【広告】
レクタングル(大)広告

企業が他社の選考状況を聞きたがる2つの理由

1つ目は、「どれくらいうちに来てくれそうか?」を探るためです。

同業他社を多く受けているなら、うちが第一志望でない可能性が多くあるな。

逆に同業他社を受けていないなら、うちが第一志望の可能性があるし、早く内定を出したら入社を決めてくれるかもしれない。

多くの企業を受けているけれど、うちとは全然違う業種である。そんな人の場合は、本当はどんな仕事をしたいのか、軸が定まっていないのかも知れない。

と、そんなことを色々想像して、この学生はどれくらい来てくれそうか?を判断する材料にするのです。

2つ目は、「他社の判断を参考にする」ためです。

他社から既に内定をもらっている、場合によっては、何社も内定をもらっている。

ということだったら、この人は、「他社が採用に値すると判断した人」ということです。

しかも同業他社だったら、「うちでも使える人」である可能性が高くなります。

つまり、この時点で既にあなたの評価が高くなっているのです。

また、同業他社で既に内定をもらっていながら、うちを受けに来るということは、「その企業よりうちの方に魅力を感じている」可能性が高いということです。

そうなると、採用担当者としては、「他社に取られないようにしたい!」という闘志が湧き上がってきます。

もうこうなったら、あなたの内定は前提になっちゃってますよね。(笑)

つまり、そういうことなのです。

では、企業側の気持ちがわかったところで、あなたはどのように言えば良いでしょうか?

基本は正直に言う。でも落ちたことは言わない。

他社の選考状況を聞かれたときには、基本は正直に言えば良いです。

既に内定をもらっていることも、隠す必要はなく、むしろ言うことがあなたの有利になることは上に書いた通りです。

では、過去に落ちた企業のことはどうでしょうか?

これは言う必要はありません。というか、言わない方が良いです。

「今までに何社受けて何社落ちました。」なんてバカ正直に過去のことを言わないように。

落ちた企業は既に過去のことですから、「現在の状況」ではありません。

過去にあなたが落とされたということを言うのは、「内定をもらった」ことと逆に、「他の企業からあなたが悪いと評価された」ということなので、決して良い情報ではありません。

言う必要のないことを言わないのは、嘘ではありません。

他社の選考状況を聞かれたら、

今現在選考中の企業と、既に内定をもらっている企業

についてだけ正直に事実を言いましょう。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする