「自己PR」や「ガクチカ」のエピソードはありきたりで全然かまわない理由

学生さんの履歴書やエントリーシートを見ているときに、良く言われることが、

「こんな事書いてもありきたりなんじゃないかと思って・・・」

です。

エピソードって、何かユニークなものじゃなきゃいけないものなのでしょうか?

今日はそんなことはないんですよという話です。

企業が求めているのは、「ありきたり」なことができる人

だいたい、学生時代にしても、そんなにユニークなことをしてきた人の方が少ないですよね。

確かに、ひったくり犯を捕まえたとか、徒歩で日本一周したとか、そういう珍しいエピソードであれば、目を引くということはあります。

でも、大部分の学生さんは、部活やサークルで頑張ったとか、バイトやボランティアをしたとかそういうことでしょう。

それが普通だし、それで全然いいんです。

何も目を引くネタが無ければダメなんてことは全くありません。

何故かと言うと、会社の中の仕事こそ、「ありきたり」の集まりだからです。

何かを作る。

何かを売る。

文章を書く。

ミーティングをする。

集計をする。

資料をまとめる。

会社の仕事って、そういうことですよね。そういう毎日なんです。

そして、それをやってくれる人を求めているのですから。

だから、企業が求めているのは、

「ありきたり」のことがしっかりできる人

なんです。

企業が履歴書やエントリーシートの中から読み取ろうとしているのは、

「何をやったか」や「どんな結果を出したか」ではなくて、

あなたが、

「どんなときに、どんな行動を取ったか」

なのです。

シチュエーションは何でもいい。

あなたがそのときにどんな行動を取ることができたか。
どんなことを一生懸命やることができたのか。

それを見たいのです。

だから、ユニークなエピソードがない。などと悩まずに、

ぜひ、ありきたりのことをしっかりやったエピソードを堂々と書いてください。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
LINEで気軽に質問

公式LINEでご質問を受け付けています。

ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 登録いただきますと、このブログの更新情報などをお送りします。

あなたのメッセージをお待ちしています!

関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする