機械・電機の商社やメーカーが実は文系の学生にお勧めな理由

学生さんの就活支援をしていますが、企業を検討する段階になると、

「土日に休みたい」

という希望を出す学生さんがいて、その理由は色々あるのですが、そういうときに私は、BtoBの企業をお勧めします。

BtoBは、お客様が一般の消費者ではなく、企業ですから、土日に対応しなければいけないことが少なく、土日に休めることが多いからです。

で、BtoBの企業を探すとなると、その中で比較的選択肢が多いのは、商社やメーカーです。

商社の中でも、総合商社や有名メーカーは大手企業ですので、申し訳ないですがランクの低い大学の人には勧めづらいところがありますが、専門商社や中小メーカーであれば、小さくても結構ユニークで優良な企業が多くあります。

その中でも私は、機械や電機関係のメーカーや商社を、特に文系の学生さんにお勧めしたいと思っています。

その理由は何でしょうか?

【広告】
レクタングル(大)広告

企業は営業の仕事をしてくれる文系学生が来なくて困っている

機械や電機というと、理系の大学でそういう勉強をしている人でないと採用してくれないだろうと、最初から思っている人が多いです。

では、理系の学生がそうした企業に行くだろうと思うと、理系で機械や電機の勉強をしてきた人は、営業ではなく、やはり研究開発や製造などの技術的な職種を希望する人が多いのです。

理想は、機械や電機を学んだ学生が営業になってくれるのが一番良いのですが、なかなか企業の思うように人が集まってくれません。

ですから企業は、専門知識は無くてもかまわないから、営業を希望してくれればいい、ということで、文系の学生にもぜひ応募してほしいと思っているのです。

でも、文系の学生の側は、上に書いたように、自分は知識がないからダメだろうと思っている。

多くの文系の学生がそう思っているから、ここが狙い目になるわけです。

専門知識は入社してから身につければ全然大丈夫

狙い目はわかった。でも難しそうな機械を売るのに知識がないからやっぱり心配。

と思う気持ちはわかります。

でも、企業はそんなことはわかった上で、文系の学生に来てほしいと思っているのです。

それは、仕方なくという面もないではないのですが、それ以上に、専門知識は入社してから身につけてもらえば大丈夫と思っているのです。

あなたにとっては初めての就職ですが、企業は何年も前からそうしてやってきていますので、若い柔軟な頭脳さえ持ってきてくれればいい。とわかっています。

あなたに求められているのは、

貪欲に吸収し、勉強し、成長すること

それができる若いエネルギーなのです。

そのことに自信があるなら、文系のあなたは、ぜひ、機械・電機の商社やメーカーにチャレンジしてみてください。

ぜひ、来てほしい!と歓迎してくれる企業がたくさんありますので。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
LINEで気軽に質問

公式LINEでご質問を受け付けています。

ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 登録いただきますと、このブログの更新情報などをお送りします。
  • 就活に関する詳しいご相談は、有料サービスをご検討ください。

あなたのメッセージをお待ちしています!

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする