内定者が言う「◯◯すれば受かる!」は鵜呑みにしない方が良い理由

既に内定を得た人が友だちに、「○○さえしとけば絶対大丈夫!」とか、逆に「○○なんかやらなくたって受かる!」みたいなことを言うことがあると思います。

これはきっと、その人がやったことややらなかったことがあって、その後内定がもらえたので、自分がやったことが正解だったと思ったのでしょうね。

でも、内定をもらうときは、企業は単に合否を言うだけで、内定した理由を言ってくれることはまずありません。

だから、受かった理由が何だったかは、本当はわからないのです。

例えば、「あそこの企業は面接でニコニコ元気にさえしていれば大丈夫!」と言っていたとしても、そのことが理由で内定をもらえたのではなく、その人が答えた志望動機の内容が良かったからかも知れません。

自分で「ニコニコ元気にやろう!」と思って面接に臨んで、たまたま受かったから自分の作戦が当たったのだと思い込んでいるだけの可能性があります。

また、「あそこの企業はSPIなんか準備しなくても大丈夫。俺は全然できなかったけど受かった!」と言っていたとしても、それはたまたまその人がSPI以外の判定要素が良かったから比率としてSPIの点数が悪かったことが影響しなかっただけかも知れません。

受験者によっては、SPIの点数が合格点に達しないために落ちることだってあるかも知れないのです。

だから、内定した人の感想やアドバイスは、聞くなとは言わないですが、あくまでも参考程度にしましょう。

鵜呑みにしないで、「この人の感想はこうなんだな」程度にしておいた方が良いです。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形でブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。
  • あなたのメッセージをお待ちしています!

    広告
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告
    関連コンテンツ広告
     

    この記事をシェアする

    この記事を書いた人をフォローする

    広告
    レクタングル(大)広告