自己PRのエピソードがどうしても出てこないときはどうすれば良いですか?

今日キャリア相談室に来た学生さんは、履歴書の「自己PR」の欄がどうしても書けなくて困っていました。

テーマとして書く「自分の良いところ」は決まっているのだけれど、それを証明する具体的なエピソードがどうしても出てこないと言うのです。

彼は自己PRの1行目にこう書きました。

「私はどんなことも責任感をもってやりとげる力があります。」

2行目以後は、それを証明する具体的なエピソードを書きなさいと私が指導したのですが、それがどうしても出てこないと言うのです。

レクタングル(大)広告

エピソードが出てこない自己PRのテーマはウソ

いくら考えてもどうしてもエピソードが出てこないとしたら、そのテーマがウソなのです。

ウソと言わないまでも、間違っているのです。

何故なら、テーマが本当だったら、必ずその自分の良いところが役立った場面が過去にあるはず。

逆に言えば、そういう場面を経験した、それも1度ではなく何度かあったからこそ、自分にその力があると気づいて来たはずなのです。

それを1つも思い出せないということは、要はそういう場面は無かった。

ということはつまり、それは本当に自分の良いところとしてそもそもあったのか?ということだからです。

では、どうすれば本当のテーマを見つけることができるでしょうか?

その1つの方法が逆に考えることです。

過去のエピソードから逆に自分の良いところを見つける方法

過去の成功体験、何かを乗り越えたり解決した経験、人の役に立てたことや人から喜ばれたこと。

つまり、過去に、

「自分の行動によって良い結果が出た経験」

をまず思い出してみてください。

自分で思いつくことが難しかったら、友達や家族に聞いてみるのも良いでしょう。

それが出てきたら、

その結果は自分のどんな「行動」によってもたらされたのか?

さらに、

その行動は自分のどんな「良いところ」によってやることができたのか?

を分析してください。

それで出てきた「良いところ」を自己PRのテーマとして、そしていま出てきたエピソードをその証明として書けば良いのです。

ぜひ、やってみてください。

では、今日はこのへんで!

ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

LINE就活相談

LINEで就活相談を受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みや、ブログ記事を読んでの質問など、この記事を書いた「キャリアコンサルタント西川明宏」に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。気長にお待ちください。
  • 個別の企業の採用情報の提供や企業の紹介などは対応できません。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形で、お断りなくブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報などをお送りします。
  • 込み入ったご相談は、有料サービスもご検討ください。

あなたのメッセージをお待ちしています!

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

この記事を書いた人をフォローする