内定通知の返信メールの「件名」はどう書いたら良いですか?

7e7c81257296366acea3614725e1959f_s

就活における素朴な疑問シリーズです。

さて、内定は多くの場合、企業からの第一報はメールで届くと思います。

その「件名」、つまりメールの題名はたぶん、「最終面接結果のお知らせ」とかが多いのではないでしょうか?

そして、メールの返信は、単に「返信」を押してメールの本文だけ書いて送ってしまう人がほとんどじゃないでしょうか?

メールは、そのように単に「返信」を押して書いた場合、その件名は、「Re:最終面接結果のお知らせ」というように、送ってきたメールの件名の頭に「Re:」がついたものになりますよね。

ここでの質問は、それでいいのか? ということです。

この質問をされた方は、かなりメールというものが分かっていて、かつ細かい気配りができる人のようですね。

返信メールの件名の基本は、「Re:」がついたままで良い

通常は、返信するメールの件名は、送ってきたメールの件名の頭に「Re:」がついたもののままが良いです。

それは、相手があなたの返信を受け取ったとき、「あ、先日送ったこのメールへの返信が来たな!」と一目見てわかるからです。

わざわざ、別の件名に書き換えると、相手は、あなたのメールの本文を開くまで、何のメールへの返信だか分かりません。

採用担当者は忙しく、毎日たくさんのメールを受信していますので、パッと見てわかるということはとても助かることなのです。ちょっとしたことですけどね。

でも、内定通知へのお礼のメールの場合、これだけはちょっと特殊なケースかなと私は思うのです。

返信メールの相手は告白の返事を待っている彼氏と一緒

だってそうですよね? 内定通知というのは、「入社してください!あなたと一緒に働きたいです!」というラブコールですから。

相手はあなたに内定通知を送ったあと、ドキドキしてあなたの反応を待っているのです。

で、そういうドキドキして待っている相手が、あなたからのメールを受け取ったとき、あなたからのメールの件名が「Re:最終面接結果のお知らせ」じゃそっけないじゃないですか。

このときだけは、思い切り件名を書き換えて、「内定ありがとうございました!」とかにしてしまいましょう。

その件名を見ただけで、採用担当者は「お!受けてくれた!」とうれしくなります。

もしあなたもその企業にぜひ入りたいと思っていた、相思相愛!ということだったら、本文もあなたのうれしい気持ちをこめて書いてみましょう。

このメールはもうあまり型にとらわれなくて良いです。むしろ若者らしく、あなたのうれしい気持ちを溢れさせてしまえば良いです。

ただ、必ずしもそうじゃない場合もありますよね。

悪い言い方ですが、二股かけていたり、実は彼はキープ君だったりとか。。。

そういうケースについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

では今日はこのへんで!

就職活動をしていて内定をゲット! もちろん一番うれしい瞬間ですよね。 でも、実はうれしいのはあなただけではありません。 内定...

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする