就職先を決めるとき、会社の設立年は意識した方が良いのでしょうか?

「就職先を決めるとき、その会社が設立して何年経っているのかというところは、意識したほうがいいのでしょうか?」
という質問がありました。

私はこう答えました。

「逆に聞きますが、あなたがもし結婚するとして、相手の年齢を意識しますか?」
【広告】
レクタングル(大)広告

会社も人と同じ。若い会社と年老いた会社がある

自分の結婚相手だったら、相手の年齢を気にしない人はいないですよね。

自分が入る会社もそれと同じです。

結婚相手も自分より若い人が良い人もいれば、年上が良い人もいます。

そしてそれは、人それぞれ。あなたの価値観や好み次第です。

会社も、若くて活き活きした会社が良いか、ある程度歴史があって落ち着いた会社がいいか。どちらも一長一短、あなたの価値観や好み次第だということです。

自分にとってはどちらが合うか、考えてみるのが良いでしょう。

ただ、人と違って会社は、見た目ではあまり年齢がわかりません。

(人でも見た目でわからない人はいますが。。。)

だから、企業の情報で設立年は一応調べておきましょう。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする