面接では第一志望でない企業にも「御社が第一志望です」と言うべきなのでしょうか?

Fotolia_66322707_XS

これは良くある質問ですね。

そして、良くある回答が、「何が何でも必ず第一志望と言え。そうしないと落とされる」というものです。

これは本当でしょうか? 長年人事採用担当をしていた私の考えを書いてみたいと思います。

基本は本当のことを言うのをお勧めします。

受ける企業が本当は第一志望ではなく、滑り止めである場合、もちろん、「滑り止め」などという言葉は失礼ですから言ってはいけませんが、「御社と同じくらい志望度の高い企業を受けています」と言うのが良いでしょう。

「どっちの方が志望度が高いの?」と聞かれるかも知れませんが、その場合は、「まだ決めかねています」で良いです。

「御社が第一志望です」と言ってしまうと、さすがに嘘ですから、あなたが正直な人である限り、態度に出る可能性があります。

相手は百戦錬磨のプロですから、場馴れしていないあなたの嘘は見破られる可能性が高いです。

「御社が第一志望です」と言うことが嘘であると見ぬかれた場合、正直に言ったときよりも印象が悪くなってしまいます

ですから、私は、これに限らず、面接で嘘を言うことはお勧めしていません。

あなたのことを良いと思った企業ならそれなりに考えます。

根本的に考え違いをして欲しくないのは、面接は、口先でどういうかの勝負ではありません。

あなたを最大限表現して、あなたの良い所を買ってもらう場です。

自分の会社が第一志望ではないと分かったとき、面接官はどう思うでしょうか?

企業の側も、学生が多くの企業を併願していることは百も承知しています。

良い学生であればあるほど、ライバル企業に勝って勝ち取らなければいけません。

就職と恋愛は似ていると良く言われますが、一つ決定的な違いがあるのは、就職では二股三股は当然だということです。

私だったら、採用したいと思った人に対しては、自分の会社にできるだけ良い印象を持ってもらって、こちらが第一志望になるように努力します。それが普通の考え方ではないでしょうか。

勝ち取る、とは書きましたが、それはムリに引っ張ることじゃなくて、自分を気に入ってもらえるように努力するということのはずですから。

まとめ:あなたが良いと思った企業を信頼して正直に言おう

もちろん、正直に言ったことで落とされるというリスクはあり得ます。でも、嘘を言うことのリスクもあるのです。

でしたら、正直に言った方が、後々、話の辻褄が合わなくなることもないですし、何より内定を気持ちよく受け取れるじゃないですか。

あなたが良いと思った企業であれば、正直に自分をさらけ出したあなたを正しく見てくれるはずですよね。

少なくとも、これを読んだ正直なあなたには、「就活は狐と狸の化かし合いだ」ななどとは思わないで欲しいです。

実際、まともな採用担当者はそんなことは思っていないのです。

では、今日はこのへんで!

LINEで就活相談

LINEで就活相談受け付けています。【無料!】

就活でのお悩みの相談や、記事を読んでの質問など、この記事を書いた「就活・キャリアアドバイザー西川明宏」(国家資格キャリアコンサルタント)に聞いてみたいことがあったら、お気軽にLINEでメッセージください。

豊富な人事経験、カウンセリング経験からアドバイスさせて頂きます。

まずは下のアイコンをクリックして友だちに追加してください。

友だち追加数
LINE ID : @nishikawa

あなたからメッセージを送って頂くまで、こちらからは誰が登録したかわからないシステムになっていますので、どうぞご安心ください。

  • 空いた時間に対応しますので、回答に少々お時間がかかることがあります。
  • ご相談内容を、個人が特定されないように一般化した形でブログのネタに利用させていただくことがあります。
  • このブログの更新情報を送らせていただきます。
  • あなたのメッセージをお待ちしています!

    広告
    レクタングル(大)広告
    レクタングル(大)広告
    関連コンテンツ広告
     

    この記事をシェアする

    この記事を書いた人をフォローする

    広告
    レクタングル(大)広告