ブラック企業の思うツボにはまらないために。

PAK93_heyanosumidetaikuzuwari20140322500

過去最高、新入社員の50.7%が「定年まで働きたい」 – Business Media 誠

を見た。

これによると、この春就職した新入社員で「定年まで働きたい」と答えたのは、調査開始以来最も多く、半数を超えたとのことだ。

他の調査項目も総合すると、今の新入社員の全体像はこうなる。

・定年まで働きたい。

・年功序列より、実力・成果主義で評価して欲しい。

・仕事は丁寧に指導をして欲しい。

つまり、言い換えればこういうことではないか。

・ずっと頑張って働きます。

・自然に給料が上がらなくてもいいです。成果が出なければ給料が下がってもいいです。

・教えてください。その通りにします。

この社員像は、ブラック企業が求める社員像そのものじゃないですか?

確かに、悪いように取り過ぎということはあるかも知れない。

でも、ブラック企業の思うツボにはまって、その結果は、君たちが求める安定した定年までの生活ではなくて、わずか2~3年で心身ともにボロボロになって使い捨てられる。

それが目に見えるので、老婆心ながら、心配になるのである。

では、ブラック企業の思うツボにはまらないようにするには、どうすれば良いか?

成果主義を求め、ずっと働きたい。

これは立派な心意気である。

正当な評価をしてくれる企業を見つけて、ぜひ実力を磨いて成長して行って欲しい。

ただ、そのための勉強は、自分で、自分のためにやることだ。

そこが、これからのポイントだと思う。

懇切丁寧に研修を施す企業はもちろんある。一見、そういした企業はとても良い企業に映るかも知れない。

でも、企業の研修は、その企業に都合の良い社員を育てるための研修だ。

何があってもその企業に忠誠を誓うなら、それも良いかも知れないけれど、これからはそういう時代ではない。

自分がこうなりたいと思う目標を見つけて、自分でスキルを磨き、自分で自分を成長させて行く。

これから、まともな企業で本当に必要とされるのは、そうした自立した人材だ。

そして、それが自分自身の幸せな人生のためにも一番大事なことだ。

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

【広告】
レクタングル(大)広告