面接官がいいなと思う人に感じる共通点とは?

Fotolia_68045745_XS

面接をやっていて「あ、この人はいいな!」と思える人に出会うとき、共通して感じることがあります。

それは、「透明感」なのです。

それは、こちらを見る眼差しという、目で見える部分でもありますし、話す内容が、シンプルで、理路整然としていて、分かりやすいという、話す内容の「透明感」でもあります。

では、そういう「透明感」はどういう人が出せるかというと、おそらく、自分の中に一本軸があってぶれていない、嘘を言っていない、(嘘を言う必要がない)、盛っていない。ということだと思います。

自分はこうである、自分はこうしたい、自分はこう考えている。

それが作られたものじゃなくて、最初からちゃんとある人。そういうことだろうと思います。

では逆に、透明感がない人というのはどういう人かというと、その逆です。

自分の中に軸がなく、嘘があり、盛っている人。

よく、「面接官は人を見抜くプロ」などと言う人がいますが、決してそんなことはありません。読心術やテレパシーが出来るわけではありません。

ただ、場数をこなすと、この「透明感」の有る無しは感じ取れるようになります。

透明感がない人というのは、面接をしていても、何か、曇りガラスを通した景色のように、その人の中身を見ることができないのです。

この「透明感」というのは、面接の場に限らず、日常の中で人に会う時も、それは感じたり、感じなかったりします。

「透明感のある人」

それは、言い換えれば、魅力的な人ということもできるかも知れません。

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする

【広告】
レクタングル(大)広告