待遇面を志望理由にしてはいけないもう一つの大事な理由

b88078291c9e6eb6b3e3c28a17638757_s

「面接では給与や残業、休日などの待遇面を志望理由に言ったら落とされる」

ということは良く言われますね。

応募者としては本音では、そういう条件は非常に大事で、それを判断基準に会社を選んでいたりするわけですが、それを面接で言うと、仕事をする気、会社に尽くす気がないと思われるからというのがその理由です。

確かにそれはその通りなのですが、実はもう一つ大事な理由があるのです。

【広告】
レクタングル(大)広告

企業が一番気にするのは仕事内容へのミスマッチ

企業がまず求めるのは、「会社に貢献してくれる人」、そして「すぐ辞めずに長く勤めてくれる人」です。

待遇面については、嘘を言われない限り「話が違った」と言って辞めることはないでしょうが、仕事内容については、入社してみないと分からないことが多いので、「自分が思ってたのと違った」とか、「やってみたら自分に合わなかった」ということが出がちなのです。

だから、そういうミスマッチですぐに辞めてしまうということを防ぐために、その人が何故この業種、職種を希望しているのか、勘違いをしていないかを知る必要があります。

待遇面だけを志望理由に言う人は、面接でその確認をすることが出来ないので、危ないということで落とされるということがあるのです。

今一度、面接で言う志望動機について再検討してみてください。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする