「学生時代に力を入れたこと」のネタが無くて困っている人にありがちなこと

履歴書やエントリーシートに良くあるお題が、「学生時代に力を入れたこと」、略して「がくちか」ですね。

これが書けないと言って苦労している学生さんが結構います。

そういう人に話を聞くと、

「自分は特に困難なことを乗り越えたり、すごい経験などしていないので・・・」

と言うことが多いです。

でも、これは勘違いなんです。

【広告】
レクタングル(大)広告

企業が知りたいのは、「学んで成長できる人なのか」

大学の4年間の間に、そんなに困難なことやすごい経験なんて、そうそうあるものではないですよね。それが普通だと思います。

でも、そんなことは企業もわかっているはずです。だって、自分もそういう学生生活を送ってきたのだから。

ありきたりの部活やバイトの毎日の中でもいいのです。

その中では、確かにそれほど困難なことやすごい経験は無かったでしょうが、何か、「あるときこんなことがあった」ということくらい、思い出せば1つや2つあるでしょう。

ネタとしては何でもいいのですよ。

必ずしも困難や苦労じゃなくてもいいのです。ありきたりのことで全然構いません。

あなたという人は、どんな時にどういう行動が取れるか、そして、これが大事なところなのですが、そこから「何を学んで成長できる人なのか」を企業は知りたいのです。

就職してからの毎日だって、ありきたりの日々が続くのです。

だって、そんな困難なことや大事件が毎日起きているような会社だったら、そんな会社ってどうなの?という話になりますよね?

でも、せっかく採用したあなたですから、そんな日々の仕事の中からでも、何かを学んで、成長していって欲しい。

それが企業のいつわらざる気持ちです。

じつは、企業が求めているのは、すごいことができる人じゃなくて、日々のありきたりの仕事の中でコツコツとやっていける人。

「学生時代に力を入れたこと」では、あなたがそういう人なのだということを、アピールできればいいのです。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする