他社から内定をもらっていることを面接で言わない方が良いでしょうか?

今日はこの質問にお答えしましょう。

私の考えとしては、「言った方が良い」です。

その理由は2つあります。

【広告】
レクタングル(大)広告

内定はあなたが評価されたことの証明だから

内定をもらえたと言うことは、その企業からあなたが採用するに値する人であることが認められたわけです。

これから面接を受ける企業の人は、その企業のことを知っていれば、「あの企業に受かった人」という見方をします。

まして、同業他社であったら、「そんなに良い人なら、そこに取られないように、がんばってうちに引っ張ろう」と、闘志が湧くのも人事の心情です。

「すでに内定をもらっているのであれば、その企業に行けばいいのにうちを受けに来たということは、その企業よりうちのことを魅力に感じてくれているということかも知れない。

だったらよけい、がんばってうちに来てもらおう!」

そう人事に思わせることができます。

あなたがすでに持っている内定は、あなたの強力な武器となるのです。

あなたが正直な人であるとわかるから

もう一つの理由は、あなたが正直に言うことの効果です。

このことに限らず、面接では、正直に本当のことを話すのが最善の策です。

他社から内定をもらっていることも、隠さず堂々と言うあなたを見れば、あなたは実直で誠実な人だという印象を持つでしょう。

以上、他社から内定をもらっていることを面接で言うことのデメリットは何もありません。むしろ、あなたの評価を高めることになりますので、隠さずに言いましょう。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする