インターンシップの時期こそ合同企業説明会に行くのをオススメする3つの理由

新卒向けの合同企業説明会は、就活本番の3月以後に多く行われますが、それに加えて最近同じくらい活発に行われるようになったのが、前年の6月頃からの「インターンシップ参加のための合同企業説明会」です。

東京ではビッグサイト、横濱ではパシフィコ横浜などの大きな会場で行われて、就活本番での合同企業説明会と全く規模は変わりません。

私は、就活本番前の3年生の皆さんには、ぜひこれらの合同企業説明会に行ってみてほしいと思っています。

その理由は何でしょうか?

何も知らない強みでぶっちゃけ何でも聴いてみれるから

3年生の6月の時点ですから、学生はまだ何も知らず、軸も定まっていないはず、ということは企業の側も十分わかっています。

この時期の企業のネライは、「とにかく多くの学生に知ってもらいたい」だけですので、ちょっと目についた企業があったら、「何もわからないんですけど、話聞かせてもらっていいですか?」と言ってみれば良いのです。

企業は喜んであなたを招き入れて、ていねいに説明してくれるはずです。

そのとき、どんな質問でもしてみてください。

「こんな質問はしちゃまずいんじゃないか?」などと考える必要は全然ありません。

インターンシップの前の段階で、就活本番はまだまだ先なのですから、仮にあなたがヘンな質問をしたとしても、企業は何も思いませんので。

だから、インターンシップ参加のための合同企業説明会は、聞きたいことを聞ける、とても良いチャンスなのです。

私服で気軽に行けるから

就活本番になった時期の合同企業説明会は、リクルートスーツで行くのが基本です。

でも、インターンシップ参加のための合同企業説明会では、必ず「私服参加」とか「私服OK」などと書かれています。

それでも中にはスーツ着てくる学生も必ずいますが、多くの学生が私服で行っています。

企業の側も学生が私服で来ることは分かっていますので、何とも思いません。

これから暑い時期、スーツで行くだけで気が重くなる人も多いと思いますので、涼しい私服で、ぜひ気軽に行ってみてほしいと思います。

合同企業説明会は、まだ軸が定まっていない時期こそ役に立つから

最後は、合同企業説明会ならではのメリットについてです。

3年生では、就活がこれからという人、まだまだ就活の軸が定まっていない人が多いと思います。

世の中にどんな業種があるのかわからない、自分はどんな業種に興味があるのかわからない、そういう人にとっては、1日でいろんな業種の企業の話を聞ける合同企業説明会は、とても役に立つ機会です。

これが、就活本番の時期になって軸が定まってくると、自分の志望している業種の企業が出展していないと役に立ちません。

これが一番大事な理由かも知れませんね。

3年生の時期だからこそ、どんどん合同企業説明会に参加して、業界研究、企業研究を進めてみてほしいと思います。

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
ツイッターで更新情報

ツイッターで更新情報をお届けしています!

このブログの新しい記事のお知らせや、就活に関するタイムリーな話題をツイッターで配信しています。ぜひフォローください。

関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする