WEB面接で良い印象を持たれるためのたった1つのテクニック

コロナウイルスの影響で、面接をWEB面接に切り替えた企業がとても多くなりました。

WEB面接とは、zoom などの何らかの遠隔会話システムを使って会話をする方法です。

基本的には、人と人が対面で話をするのですから、話し方や聞き方を特別に変える必要はないのですが、リアルの場合と違って、必ず気をつけておくべきポイントが1つあります。

そして、そのたった1つのことに気をつけるかどうかで、あなたが相手に与える印象が大きく変わってしまうのです。

それは何でしょうか?

【広告】
レクタングル(大)広告

WEB面接で「目線」を合わせるちょっとしたテクニック

それは、「目線」なのです。

WEB面接では、相手の顔を見るのはパソコンなどの画面です。

逆に、あなたの顔を相手に送るのは、画面ではなく、その上についているカメラです。

だから、あなたが相手の顔を見ようとすれば、カメラから目がそれて目線が合わなくなるのです。

対面で話をしているとき、目が合うかどうかで、明らかに印象が変わります。

あなたが話をしているとき、目を伏せたままでいるよりも、しっかりと相手の目を見て話をすれば、相手に伝わる力強さは全く変わってきます。

リアルの面接であれば、「相手の目を見て話す」ということをやれば良いだけなのですが、WEB面接の場合は、上記の問題がありますので、相手の目を見ても、相手と目は合いません。

そこで、WEB面接の場合にすべきテクニックは、

WEB面接で話すときは画面ではなくカメラを見る

ということです。

テレビのアナウンサーであれば、それに慣れていますが、カメラに向かって話をするというのは、慣れないとなかなか難しいかも知れません。

試しに友達とビデオチャットの練習をしてみれば、意外とやりづらいことがわかると思います。

ですから、「たった1つ」とは言ったのですが、多くの人にとって、決して簡単なことではありません。

だからこそ、それを意識して、あらかじめ練習して慣れておいてください。

「話すときは画面ではなくカメラを見る」

これをするだけで、WEB面接でのあなたの印象がガラリと変わることは間違いありませんので!

その他にも、WEB面接で準備すべきこと、気をつけるべきことは次の記事にまとめてみましたので、併せて読んでみてください。

(この記事は2020年4月に改訂しました。) コロナウイルスで外出自粛の波を受けて、急激にWEBでの面接が多くなってい...

では、今日はこのへんで!

この記事を書いた人

西川明宏
西川明宏就活・転職・キャリア・オンライン相談室
国家資格キャリアコンサルタントです。
医療機器メーカーの人事部で中途・新卒の採用業務を15年経験後、大学キャリア相談室での就活支援をしながら、オンライン相談を受け付けています。
日頃の生態を知りたい方はFacebookを、タイムリーな就活情報やブログの更新情報はツイッターをぜひフォローしてください。
【広告】
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
関連コンテンツ広告
 

この記事をシェアする